幕末の風雲児 坂本龍馬の名言は会社経営に役立つことばかり

幕末の風雲児 坂本龍馬の名言は会社経営に役立つことばかり
幕末の風雲児、坂本龍馬 ( 坂本竜馬 )
土佐藩郷士として生まれ、剣術家・政治家・実業家としてさまざまな才能を発揮し、日本中を駆け巡り大政奉還の成立に尽力した。
当時としては、奇才ともいうべき 龍馬の名言を紹介します。
『 仕事というものは、全部をやってはいけない。 八分まででいい。 』
『 八分までが困難の道である。 あとの二分は誰でも出来る。 』
『 その二分を人にやらせて完成の功を譲ってしまう。 』
『 それでなければ大事業というものはできない。 』
『 人の世に道は一つということはない。 道は百も千も万もある。 』 ( 坂本龍馬 )
日本を支えた 偉人たちの言葉 を重んじて心に響かせ、経営や起業に役立てましょう!